基本的にまともな大学に進学しようと思ったのならば

基本的にまともな大学に進学しようと思ったのならば、勉強すべき科目というのは決まっています。

それは、英語と数学です。英語と数学はどの大学を受験しようと思ってもあります。よく「私は私立文系だから数学はいらない。」という人もいますが、明らかに私立文系大学に行くよりも国立大学に行ったほうが学費も安く、その後の将来の選択肢も広がるので、高校生は早い時期から数学を諦めて私立文系受験に特化した勉強をしてはよくないと思います。

それに、早稲田や慶応義塾を受けるにしても、選択科目を世界史や日本史で受験するよりも数学で受験したほうがはるかに高得点をねらえるのでおすすめできます。

こんなにも数学受験が有利にもかかわらず、多くの受験生は数学を勉強することを放棄して、暗記一辺倒で反射的に解くことのできる問題を多く出題する私立大学を第一志望にしてしまっています。

私は、高校生ならば、だれでも数Ⅲcまで履修させて、共通テストを合格した生徒しか高校は卒業させないというシステムにした方がいいのではないかと思っています。リゼクリニック 料金プラン

基本的にまともな大学に進学しようと思ったのならば